スポンサーリンク

ドラクエⅡ – くまきちの冒険日記 その5

画像をクリックするとamazon.co.jpが開きます。

ドラクエⅡのゲームプレイ日記 第5回
この日記は、主人公であるくまきちの日記です。
プレイ日記を通して、この作品の面白さを伝えていきたいと思います。
前回:くまきちの冒険日記 その4

ネタバレが含まれますので、現在ドラクエⅡをプレイ中の方や将来プレイ予定の方はご注意ください。

リリザの町を離れ、少し遠くへ足を延ばしてみます。

リリザの町の周辺で、モンスターを倒してお金を稼ぐくまきち鎖鎌鎖帷子を合わせて870ゴールド必要なのですが、町の周辺のモンスターから入手できるお金は微々たるもの。なかなか貯まりません。
同じ場所での戦闘に飽きてきたくまきちは、ちょっと遠くへ足を延ばしてみることにしました。

リリザの町の南と西は海なのですが、丁度海と町の中間、海岸線に沿って森が広がっています。海岸線に沿って北西に行けばムーンブルクへの祠、北に行けばサマルトリアの城があるはずです。

美しい王女に会うために、ムーンブルクに行けると言う祠に向かってみましょう。くまきちは内心、王女に会うことを楽しみにしています。

北西に向かって海岸沿いを進むくまきちの前に、おおねずみという大きなねずみのモンスターが集団で現れました。攻撃力は大したこと無いようですが、HPが高く一撃では倒せません。徐々にくまきちのHPが少なくなっていきます。
他にもゆうれいという少し強いモンスターも現れるようになりました。こいつは攻撃力もHPも高めです。

少し不安になったくまきちは、一旦町に戻り、念のために薬草キメラの翼を買っておくことにしました。キメラの翼は高価で、1個買うだけでお金がごっそり無くなってしまいます。勿体無いので、なるべく使わないようにしましょう。

祠に到着

海岸沿いをしばらく進むと祠が見えてきました。
中に入ってみると、老人と二人の兵士らしき人がいます。また、奥には鍵の掛かった扉と、地下に向かう階段が見えます。
とりあえず、話を聞いてみることにしました。

まずは老人と話してみます。

とある老人
ローレシアの南にある祠には行かれましたか?

くまきち
いいえ

とある老人
そこには弟がいるから、会ってやってほしい。

そういえば、ローレシアの城を出発するときに南への道が気になったことを思い出しました。

地下への階段に向かおうとすると、なんと、二人の兵士が道を塞ぎ通してくれません。話してみると、サマルトリアの王子に会うまで通さないように、父から命令があったのだそうです。と言うことは、この二人はローレシアの兵士だったのですね。

仕方ありません。くまきちとしては早く王女に会ってみたいのですが、ここは我慢してサマルトリアの王子を探しに行きましょう。老人の言う、ローレシアの南にある祠も気になるので、一緒に回ってみることにします。
サマルトリアの城はリリザの町の北にあるそうです。ここからだと北東に向かえば良さそうです。

祠を出て、サマルトリアの城を目指して北東に向けて歩き出します。暫くすると森の先に城の姿が見えてきました。サマルトリアの城は、祠からさほど遠くないところにありました。

くまきち
サマルトリアの王子とは一体どんな奴なのだろう? 変な奴だったら嫌だな…

くまきちは歩きながらそんなことを考えていました。今のくまきちは少しアンニュイです。
次の日記へ
日記の一覧はこちら

くまきち レベル 6
20
素早さ 18
最大HP 55
最大MP 0
攻撃力 30
守備力 19
経験値 420
装備 銅の剣
革の鎧
革の盾
所持金 407G
ここで遭遇した敵 アイアンアント
ドラキー
やまねずみ
ゆうれい

Amazonで購入できる商品
 

シェアする

スポンサーリンク