スポンサーリンク

ドラクエⅡ – くまきちの冒険日記 その27

画像をクリックするとamazon.co.jpが開きます。

ドラクエⅡのゲームプレイ日記 第27回
この日記は、主人公であるくまきちの冒険日記です。
前回:くまきちの冒険日記 その26

ネタバレが含まれますので、現在ドラクエⅡをプレイ中の方や将来プレイ予定の方はご注意ください。
この冒険日記に登場する人物の名前は実際にゲーム内に登場するキャラクタの名前であり、現実の人物を指すものではありません。主人公以外のパーティキャラの名前も、ゲーム内で自動的に設定されたものをそのまま使用しています。

世界中の金の鍵の扉を開けて周る

ザハンで金の鍵を見つけたくまきち達は、世界中にある金の鍵の扉を開けるために、旅の扉を駆使しつつ世界各地の城、町、村を巡ります。まずは、ザハンの傍にある祠から旅の扉でローレシアを目指します。

ローレシア城

ローレシア城の宝物庫は金の鍵の扉で閉じられています。早速金の鍵を使って中に入ります。

宝物庫の兵士
何奴だ!?
おのれ盗人め、覚悟!
ありゃ?
くまきち王子様でございましたか。へへー、お許しを・・・。

中には宝物庫の衛兵がいました。
別に怒っていませんし、そんなにかしこまらなくても良いのですが。どちらかと言えば、盗人のような事をしているくまきち達が悪いのですが。
ともかく、ローレシア城の宝はくまきち達が頂きます。
宝物庫の中の宝箱にはロトの印というものが入っていました。これは恐らく、アレフガルドの聖なる祠の老人が言っていた印ではないでしょうか。後で聖なる祠を訪ねてみましょう。

ローレシアの南の祠

ローレシアの南の祠にある金の鍵の扉を開くと、中には旅の扉がありました。この旅の扉は、どうやらデルコンダル城に繋がっているようです。

デルコンダル城

デルコンダル城では、武器屋の裏口に金の鍵の扉がありました。開けて中に入ってみると、武器屋の主の両脇に宝箱が置いてあります。世界を救うため、宝箱の中身を頂戴します。中にはガイアの鎧が入っていました。これは素晴らしい防具です。武器屋の主人に礼を言いつつ、早速装備します。
それでは、旅の扉を使いローレシアに戻り、今度はサマルトリアの城を目指しましょう。

サマルトリア城

サマルトリア城の中央に金の鍵の扉があり、中には一人の老人と宝箱があります。

老人
よくぞ来た!ロトの血を引きし者達よ。さあ、宝の箱を開けるがよい!

くまきち達のために宝を用意していてくれたようです。
宝箱を開けてみると、何とロトの盾が入っていました。何と素晴らしい盾でしょう。ありがたく頂戴しましょう。

ローラの門

ローラの門の奥にある、金の鍵の扉で閉じられた部屋には旅の扉があり、旅の扉ネットワークのひとつとなっているようです。この旅の扉は、ベラヌールの北の祠に繋がっています。

聖なる祠

ベラヌールの北にある祠から旅の扉ネットワークを使い、アレフガルドの聖なる祠に来ました。
ロトの印を持って老人に話しかけてみます。

老人
おお、わしは待っておった!勇者ロトの子孫達が現れるのを!
そなた達にロトの兜を授けよう!

そう言ってロトの兜をくれました。この兜も素晴らしい防具です。
それに、今度は愚か者呼ばわりされずに済みました。

ムーンペタの町

ムーンペタの町には、金の鍵の扉で閉じられた小屋がありました。くまきちの予想では、島へ渡る地下道に繋がっていると思います。中には地下への階段がありました。地下へ降りてみると、予想通り島への地下道になっています。
地下道の途中には、なぜかモンスターを閉じ込めた牢屋がありました。今は開けられないので無視して島に上陸します。
島では老人が焚火をしていました。

老人
海の何処かに精霊の祠があるのじゃそうじゃ。5つの紋章を手に入れ、そこに行けば精霊を呼び出すことが出来よう。

ラダトームの町

北にある小屋の中には、お裁縫の店がありました。天露の糸を売っているようなのですが、くまきち達が訪ねた時は丁度切らしていたようです。

天露の糸を売る女性
あらどうしましょう。丁度切らしておりました。
天露の糸は空の恵み。風に運ばれ、ドラゴンの角と呼ばれる塔の3階にいつも落ちているのですが・・・。

自分で取って来るしかないようです。

武器屋の2階には、逃げた王様らしき人物がいましたが、話しかけても白を切られるだけでした。

王様らしき人物
こんなところまで来るとは、仕方のない奴だな。わしはただの武器屋の隠居じゃよ。かっかっかっ!

ドラゴンの角 北の塔

ドラゴンの角の地図

それほど遠くないので、くまきち達は天露の糸を探しにドラゴンの角 北の塔に来ました。
3階をくまなく調べるのはかなり骨が折れます。長い時間を掛けて、ようやく東側の壁付近に落ちているのを見つけました。

竜王の城

竜王の城、地下7階にも金の鍵の扉がありました。中には宝箱が置いてあるのですが、重要なものは入っていませんでした。
中身は162ゴールド、キメラの翼、福引券、薬草でした。

ペルポイの町

ここはロンダルキアの南にある、地上に小屋が一つあるだけの場所です。近くにいる男性が、他の人は何処かへ行ってしまったと言っていました。小屋の中には地下への階段があり、地下に降りてみると、地上とは大違いの大きな町になっていました。
町の名前はペルポイと言うそうです。早速町の人から情報収集です。

老人
テパの村に羽衣作りの名人、ドン・モハメが住んでいるそうじゃ。

厳つい男
おたくも牢獄の鍵を買いに来たのか?
オレもよお、この町で売っているって聞いたんだが、デマだったようだな。ちっ!

近くにあった道具屋を覗いてみました。商品リストを見てみると、何やらわざとらしい空欄がありました。

くまきち
この空欄は何?

道具屋のオヤジ
おっと、旦那方。誰から聞きました?これはちょっと値が張りますよ。いいですか?

くまきち

いいよ?

道具屋のオヤジ
ではお売りしましょう。でも、誰にも言わないでくださいよ。

売っていた物は、店の外の男が言っていた牢屋の鍵でした。2000ゴールドしましたが、良いものを手に入れました。

神父
ハーゴンはまやかしの術が得意と聞く。しかし、もし大地の精霊ルビスの守りがあれば、まやかしを打ち破れようぞ!

兵士
私は見た! 町の北西、ロンダルキアのふもとで岩山が割れるのをっ!

牢屋の番兵
私はラゴスと言う盗人を牢獄に入れておいた。しかしラゴスは逃げ出してしまったのだ。

牢屋は2つあり、西側には老人が一人入っていました。東側は空っぽです。こちらがラゴスのいた牢屋なのでしょう。
牢屋の中の老人
大神官ハーゴンはロンダルキアの山奥に。邪神の像を持つ者だけが、ロンダルキアへの道を開くことが出来るそうじゃ。

ラゴスのいた牢屋は確かに空っぽに見えるのですが、何かありそうです。よく調べてみると、牢屋の東側に人が入れるくらいの隙間がありました。その中には噂のラゴスがいました。
ラゴス
あは、見つかっちゃった!僕が噂のラゴスだよ。水門の鍵を返すから、もう許してね。ごめんね。

水門の鍵?何の話でしょうか。まあ、貰っておきましょう。後で役に立ちそうですし。
しかしこの男、飲まず食わずでずっとここに隠れていたのでしょうか。お腹は空かないのでしょうか。

武器屋を覗いてみたくまきち達は、目の玉が飛び出んばかりの価格に絶句してしまいます。

くまきち
た、高いな...

クッキー
ん~、高いねぇ

あきな
高いですわ。でも、ミンクのコートが欲しいですわ。

くまきち
65000ゴールド、一番高いね…ちなみに、お財布にゴールドを一杯に詰め込んで65535ゴールドです。

あきな
でも欲しいですわ。大体、私の装備は未だに旅人の服ですのよ。そろそろ、もっと強い服が欲しいですわ。

クッキー
ん~、そう言えば、ドン・モハメが作ってくれるって話の、水の羽衣っていうのはどうなんだい?もしかしたら、凄い服かもしれないぜ。

くまきち
そうだな、もうちょっと色々探してみよう。

あきな
仕方ないですわねぇ。

武器屋 大金槌 4000ゴールド
ドラゴンキラー 8000ゴールド
光の剣 16000ゴールド
ミンクのコート 65000ゴールド
力の盾 21500ゴールド
鉄兜 3150ゴールド
道具屋その1 薬草 15ゴールド
毒消し草 8ゴールド
聖水 40ゴールド
魔除けの鈴 640ゴールド
道具屋その2 薬草 15ゴールド
毒消し草 8ゴールド
??? 2000ゴールド
キメラの翼 80ゴールド
宿屋 40ゴールド(一人当たり)
福引所

町の外に出て船で東に進んでみると、半島の先端からいくつか小島が連なっています。その一つに、確かベラヌールで聞いた情報にあった、世界樹が生えた島がありました。世界樹を調べてみると、世界樹の葉が手に入りました。この葉は、仲間が力尽きた時に与えると、命を吹き返すという素晴らしい道具です。残念ながら1枚しか持てないようですが。
その島の傍には何やら不思議な形をした浅瀬があります。もしかすると、これが邪神の像がある海底洞窟でしょうか。でも、情報では浅瀬に囲まれた洞窟という事ですので、違う気もします。

さて、これで知っている限りの金の鍵の扉は開けたでしょうか。牢屋の鍵が手に入ったので、次は牢屋の鍵の掛かった扉を開けて周りましょう。

次の日記へ
日記の一覧はこちら

Amazonで購入できる商品
 

シェアする

スポンサーリンク